カナガン ナチュラルドッグフード

MENU

カナガンVSナチュラルドッグフード!

カナガンとナチュラルドッグフードは、ドッグフードランキングでも1位2位を争うほどの人気っぷりですよね!

 

今回はこの2大ドッグフードを比較してみたいと思います。そして私が何故カナガンを購入したのかも一緒に説明していきますね♪

 

カナガンとナチュラルドッグフードを比較しよう!

輸入販売している会社が一緒なので、価格や配送システムはまったく同じです!

 

じゃあじゃあ、何が違うの?ということになりますが、フードの原材料・そして目的が大きく違います。

 

カナガンとナチュラルドッグフードの大きな違い

この2つのドッグフードの大きな違いとして、

  • お肉の種類
  • 製造元の考え方
  • 原材料

が挙げられます。

 

「絶対にこっちのほうがいい!」というのは無いので、これからいくつか比較していった中で飼い主さんが「こっちにしよう!」と思ったほうを選びましょう♪

 

お肉の種類
  • カナガン⇒チキン
  • ナチュラル⇒ラム肉

このように、お肉の種類は違います。

 

それぞれの特徴としてよく言われているものをあげると、チキンは嗜好性が高く、食いつきが良くて高タンパク。ラム肉はアレルギーになりにくく、消化吸収も良いとされています。

 

よく、「アレルギー対応」というドッグフードを見かけると思います。原材料を見てみると、ラム肉が使用されていることが多いのがわかります。

 

それと、カナガンは高タンパク高カロリーナチュラルドッグフードはカナガンに比べてカロリーとたんぱく質は控えめなので、活発な子はカナガンで運動控えめ・ダイエット中の子はナチュラルドッグフードがいいと思います。

 

製造元の考え方

これはフード自体のコンセプトとも言えますね!

 

カナガンは元気で活発な子のフードという印象があり、グレインフリー(穀類不使用)というのが大きな特徴です。

 

それに対してナチュラルドッグフードは、ナチュラルフーディングという犬本来の食生活を重視した、バランスの良さが特徴です。

 

うちの場合は、活発なのと関節を痛めてしまったということがあったので、コンドロイチンやグルコサミンが入っていて、高タンパクなカナガンにしようという選び方になりました。

 

もし、そういったことが無かった場合は、バランスのいいナチュラルドッグフードを選んでいたかもしれませんね!

 

原材料の違い

ちょっとポイント2とかぶってしまうのですが、ドッグフードのコンセプトが違うため、原材料も大きく違います。

 

これは私の個人的なイメージなんですが、カナガンは肉が多いので筋肉質なマッチョで、ナチュラルドッグフードはしなやかな体というイメージがあります(笑)

 

両方とも人間が食べれる素材で製造されているため品質には問題ありませんよ!

 

カナガンにはコンドロイチンやグルコサミンが入っているので、シニア犬はカナガンのほうがいいんじゃないかな〜とは思いますね。

 

カナガンとナチュラルドッグフードのまとめ

大きな違いは

  • お肉の種類
  • 製造元の考え方
  • 原材料

これら3つです!

 

自分のうちの子を想像しながらそれぞれの公式サイトを見ていると、「あ〜こっちのほうが合うかも・・・。」って感じるはずです!w

 

両方ともいいフードなので、ピッタリなほうを選んでおいしいご飯を食べさせてあげましょう!